第19回 新潟拳闘空手道選手権大会 2019

新潟市の鳥屋野総合体育館の武道場で、第19回 新潟拳闘空手道選手権大会が行われました。
アルンジムからは、中量級(-67kg級)トーナメントに、生越正徳が出場。
生越は、今回で最後の試合とすることでトーナメント参戦です。


一回戦、久しぶりの試合で上手く体が追いついていかず、なかなか自分からせめて行けずに初弾をもらってしまう。
本戦引き分け、延長戦でも引き分け、体重判定により辛くも判定勝利。
追い込み練習があまりできなかったので、すでにスタミナに黄色信号、二回戦大丈夫か・・・(;^_^)


二回戦は、シード選手。
一回戦同様、上手く自分から入って行けず、リーチ差のある相手選手の伸びのあるストレートと左右フックを被弾します。
打ち合いになり、右フックを撃ち抜かれダウン。
ダウンが響き二回戦判定負け。


三位決定戦。
打ち合いになると相手の左フックを何度か被弾し顔が跳ね上がる。
途中から首相撲に行く作戦に変更。
後半の首相撲からコントロールしてのヒザが何度か決まり、試合終了。
パンチの有効打を取られ判定負け、4位。
残念ながら入賞ならずでした。


姿勢は一番良かった(笑)


久しぶりのカヅオくんと


大渕は大会初観戦。いいキャラなので早めに試合に出したい(笑)

拳闘空手道の関係者様、各団体の皆様、ありがとうございました。
ジムから応援来てくれてありがとうございました(^_^)
写真NGの人が多く、撮れませんでしたが(笑)

関連記事

一般クラス レディースクラス ジュニア選手クラス キッズクラス ビジネスマンクラス パーソナルトレーニング
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

過去の記事

アルンジムyoutube

ページ上部へ戻る